肌悩みのコラム

肘にできる黒ずみにはクリームタイプを

投稿日:

身体の中で黒ずみができやすい部分として肘が挙げられ、他の部分とは少し異なる原因で黒ずみが生まれます。黒ずみの原因となるメラニンは見た目を損なうため悪いものと勘違いしてしまいがちですが、本来は身体を守るための防衛機能のひとつとして大事な役割を担っています。

肘は気付かないうちに刺激を受けやすい部分であり、頬づえの支点となったり体の横にある物にぶつかりやすかったりします。また頂点にあたるので、服との摩擦ダメージを多く受ける部分でもあります。
しかしメラニンの役割のほとんどが紫外線に対するもので、黒ずんでいない他の皮膚と同じように陽の光が当たる肘に多く作られすぎてもそこまで役立てないので、しっかり対処しても大丈夫です。最低限の量は身体の機能がちゃんとしていれば必要な分だけ生み出されます。

メラニンというのは色素のひとつで、メラノサイトと呼ばれる細胞によって生み出されます。黒ずみの予防としては、このメラノサイトから生成されるメラニンの量を抑えることとメラニンそのものを無色化する2つの方法があります。
メラニンが生み出されるのを阻害する成分は非常に多く、中には化粧品メーカーが独自に開発したようなものまであります。それぞれ浸透力が高かったり炎症を抑える効果も併せ持つなどの個性があります。なので体質に合わなければ別のアイテムを使用してみると効果が違ったということも十分に考えられます。

メラニンの色を薄くすることは美白化とも言い、天然由来の成分など様々な種類がありますが代表的なものはビタミンC誘導体とハイドロキノンです。ビタミンC誘導体は美白の他にメラニンの生成を抑える作用も備えていて、ハイドロキノンは漂白を中心に作用します。

肘の黒ずみをケアするアイテムは、塗りこみやすく落ちにくいクリームタイプが多いです。購入する際はどのような種類の美白成分が入っているのかを確認することで、同時に受けられる恩恵を知ることができます。

-肌悩みのコラム

Copyright© 【36%OFF】イビサクリーム最安値は?楽天とAmazonを比較! , 2017 All Rights Reserved.