美白クリームの探し方

薬局市販のアイテムでデリケートゾーンの黒ずみをケアするには「ビタミンC誘導体」

更新日:

人に相談しにくい女性ならではの悩みの1つに、デリケートゾーンの黒ずみがあります。これをケアしようと間違った方法を繰り返していると、肌を傷めてしまう可能性があります。さらに、余計に黒ずみを悪化させる場合もあるので注意が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみは、まずはドラッグストアで市販されているアイテムを使って改善していきましょう。まず最初にチャレンジしたいのは、保湿効果の高いクリームやローションの使用です。これらを気になる部分に使用することで、肌の水分量を高めることができます。これにより肌の新陳代謝を高めることができるので、使い続けていくことで黒ずみを薄くすることが期待できます。

さらに、デリケートゾーンを保湿ケアすることで、肌のバリア機能を高めることができます。これにより下着などの摩擦の影響が少なくなるので、肌が黒ずむことを予防することができます。

保湿効果の高いローションやクリームと共に、美白成分が配合されたものを使うのもおすすめです。美白成分にはアルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体などがあります。これらの成分は化粧水や美容液にも配合されている成分で、肌への刺激が少ないというメリットがあります。ですので、肌が繊細なデリケートゾーンでも使用しやすいのがメリットです。

美白成分の中でも、特にビタミンC誘導体は美白効果に優れた成分です。美白ケアを効果的に進めていくためには、肌を黒くする元となるメラニン色素の生成を抑えると共に、肌に沈着しているメラニン色素を還元していく必要があります。ビタミンC誘導体は、この2つの働きを兼ね備えているので、スムーズに肌色をケアしていくことが期待できます。

ビタミンC誘導体と同じく、2つの働きを持っている成分にはハイドロキノンもあります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど、効果の高い美白成分になります。ですが、その分肌にかかる負担も大きくなるので、濃度の低いクリームから使っていくのがポイントです。

-美白クリームの探し方

Copyright© 【36%OFF】イビサクリーム最安値は?楽天とAmazonを比較! , 2017 All Rights Reserved.