Uncategorized

イビサクリームの成分は?有効成分【トラネキサム酸】の特徴を調査!

更新日:

デリケートゾーンなどに出来やすい黒ずみを改善する方法として、自宅のスキンケアでお手入れが可能として多くの女性に支持されているのが『イビサクリーム』です。このイビサクリームは厚生労働省の薬事法で定められた医薬部外品として販売されており、黒ずみを改善させる有効成分が配合されていることが最大の特徴となっています。

この二つの成分がトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。美白成分も配合されているスキンケア化粧品は数多く販売されていますが、この化粧品と医薬部外品の最大の違いは有効成分が入っており効果や効能がゆるやかであることが条件となった商品となるため、通常の美白化粧品よりも有効成分が含まれているイビサクリームは黒ずみ改善の効果を実感することが可能となっています。

まず1つ目のトラネキサム酸は、アミノ酸の一種でシミや肝斑や皮膚の黒ずみなどの色素沈着の原因であるメラニンの生成を抑えてくれる効果が高い特徴があります。メラニン生成の抑制の他にも抗炎効果や抗アレルギー効果、止血効果も期待することが出来るので、一部の医療機関ではしっしんやじんましんの治療にも使用されることが多いです。黒ずみができやすいデリケートゾーンは、通常よりも肌が敏感な部位が多いので副作用が少なく安全性が高いのも支持されています。

2つ目のグリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用の効果が高いのでニキビや肌の炎症や肌荒れを抑えてコンディションの良い肌質に整えることができるので、グリチルリチン酸ジカリウムで肌を整えてからトラネキサム酸でメラニン生成を抑えて美白効果を皮膚に与えるWケアでより早い黒ずみ改善を行うことが出来る仕組みとなっています。

医療機関で美白治療を受ける場合、一般的に美白効果の高い医薬品ハイドロキノンを処方されることが多いのですが、医薬品ということもあり肌内部に蓄積したメラニン色素を排除して、強制的に美白を行う高い効果があります。ただ高い効果のある美白成分は肌にもダメージを与えてしまう原因となるため、黒ずみが出来やすいデリケートゾーンや乳首の黒ずみを改善する場合敏感肌の方などは肌荒れを引き起こしてしまう場合も少なくありません。

しかしイビサクリームで使用されているトラネキサム酸は、メラニンを強制的に抑えるハイドロキノンとは違い、メラニンを作らない状態にしターンオーバーを繰り返し徐々に肌の色を改善するケアが行えるので、肌への負担が最小限に抑えることが出来ますし、デリケートゾーンを含めた全身の黒ずみに使用することが出来るメリットがあります。

またトラネキサム酸は医療用の止血剤として利用されていた事から、肌への負担は少ないことが大きなポイントになっていますし、ハイドロキノンに比べて毎日のケアを続けることで確実にきれいな素肌を手に入れることができるので、幅広い世代の女性に支持されています。

ただ毎日黒ずみの気になる部位にこまめにクリームを塗ることで、肌の乾燥を防いだり、外部からの刺激から皮膚を保護したり、ターンオーバーを活発にさせることで肌本来の色味に近づけるお手入れ方法となっているので、短期間で肌の黒ずみを改善したいと思っている方には向いていません。また継続して利用していく事が必要なので、イビサクリームの効果を実感するためには最低でも3ヶ月は継続して利用してみることが重要です。

ただ市販されている美白化粧品は顔用など、デリケートゾーン向けで販売されていないのでイビサクリームのようにデリケートゾーンに使用出来ると表記されているアイテムは、実際に利用する場合も安心して利用できると多くの女性に人気になっています。

-Uncategorized

Copyright© イビサクリーム最安値は?楽天・Amazonを比較【VIOお悩みナビ】 , 2017 All Rights Reserved.